5年生 田んぼで米作りが始まりました!


                           

 和光鶴川小学校では川崎市麻生区黒川地区の田んぼをお借りして、毎年5年生と達人(3・4年生有志)と鉄人(5・6年生有志)で米作りに取り組んでいます。合計4枚の田んぼを借りて、ほぼ手作業によって行っています。この取り組みは25年以上続いています。

 今年も「代かき」の時期がやってきました。最初は恐る恐るだった子どもも、一度汚れると”覚悟”ができます。最後は全身がドロドロになるまで、土と戯れていました。この土の匂いを嗅ぎ、大地からの生命力を感じる原体験が、大人になっても残ると、とある卒業生は語ります。年によっては天候不順など様々な理由で不作になってしまうこともありますが、それも大切な学習の一つです。今年の豊作を願うばかりです!














このブログの人気の投稿

10/8(日)秋まつりの公開について

4年生瑞牆(みずがき)合宿はじまる

10月18日(水)学校・入試説明会について